初めてでも簡単!帽子型紙ショップ“Haro*Beh”(はろべぇ)
型紙の特徴
できあがったら、コチラ↓
作品掲示板
お役立ちページ
キッズエプロン無料型紙
三角巾(ゴム仕様)作り方
入園グッズの作り方
はなやかシュシュの作り方

ホーム帽子をつくる前に
帽子をつくる前に
帽子作りを始める前に、知っておくといいとなどを書いてますので、一度確認しておいてくださいね。
専門用語など
●クラウン
頭を覆う部分。
 ・トップクラウン
クラウンのてっぺん。
 ・サイドクラウン
クラウンの横側。
●サイズ元
クラウンとブリムの縫い合わせ位置。
●ブリム
つばのこと。
帽子の外側は表ブリム、顔側は裏ブリム。
●サイズテープ(サイズリボン)
サイズ元の内側につけるテープ。標準2.5cm幅。
専用のサイズテープ以外に、グログランテープなどもよく使われています。
グログランテープは、カーブにもなじむし、色も豊富なので、隠れたおしゃれを楽しんでみては?
●接着芯
布地に貼ることで、ハリを与えきれいなフォルムを形作ります。また、布地のほつれ防止になって、縫いやすくなります。
注意:布に貼るときは、表裏を確認しましょう。ざらざらしたのりのついた面を布の裏にあててね。私は何度と無く、アイロンにくっつけてます。
※布の厚さやハリによっていろいろ使い分けますが、私は、T/C接着芯というものをよく使っています。織物タイプでも不織布タイプなみにしっかりしていて扱いやすく、型を写すときなど、シャーペンで正確に写せます。
●合印
布を縫い合わせるときの目印。
3mm位の切込み(ノッチ)を入れておきます。※ほつれやすい布地は要注意。
●わ
左右同じ形に型を取る場合、型紙に記載しています。
「わ」の部分で布を半分に折って裁つか、型紙を反転させて裁ちます。
●落としミシン
縫い目にミシンをかけることです。というか、布と布の突きあった隙間?に針を落とします。
そうすると、後からかけるミシンの縫い目が、目立たなくてすみます。厳密に布の間に針を落とさなくても、そんなに目立ちませんので、大体でいいかな。
●手ぐし(フィンガープレス)
アイロンの代わりに爪でクセをつけます。細かい部分や縫い代を開くときなど、便利。アイロンをかける前などにも、手ぐしでクセ付けておくと簡単にアイロンが掛けられます。
便利な道具
●リッパー
ボタンホールの穴を開けるときや失敗した縫い目を解くときに使う。
はさみの入らない部分に切り込みを入れるときなども便利。
●ソーイングクリップ
小さい洗濯バサミのようなもので、待ち針の代わりに使用します。
しっかりしたクリップ力でずれにくく、布に厚みがあって、待ち針だとずれやすいときなど便利です。
小さい事務用のクリップでもいいと思いますが、挟む部分が大きいと邪魔になるので、そこら辺を考慮して100均などで、探しても。
●ピンセット(洋裁用)
毛抜きなどのピンセットと違って、先の曲がっているものです。ミシンをかける時に、布押さえの際まで縫い代をつかんでおけるので、縫いずれしにくく便利です。
●テーラーボード
縫い代を割る時に便利です。でも高価で場所もとるので、わたしは手を台の替わりにしています。(熱い!!)アイロンミトンというものもあるそうですが、買うべきかどうか…
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス